腐女子婚活4コマ漫画「腐女子が結婚相談所に行ってみたらこうなった!」東京・大阪・名古屋 腐女子・オタクの婚活

 

横井さん四コマ6月_0

解説:結婚相談所は専門性が強いところは少ないのです

私が
結婚相談所を初めて間もないころ

オフ会で
よく…
私の結婚指輪を見てなぜか「結婚の話」になります
(これはオフ会だよね?と首をかしげることが多い)

「なぜ!オタクで結婚できたのか?」
「嫁もオタか?」

などなど
質問攻めにされオタオフで大好きなまみさんの話もできず…

「俺でもできたのだから、結婚できるよ」

と答えると
「おたくが結婚とか真面目に相談しても、茶化されて終わり」
「おたくが結婚なんて考えていいの?」
「おたくが結婚なんてできねーよ」
友人・知人から言われる…

「そんなことはない!俺してるし…」

それがきっかけで
日本で初のオタク専門の結婚相談所を始めたきっかけでもあるのです。
相談で多いのが
他の結婚相談所へ相談しても
オタク自体が理解できていない仲人さんも多く

オタク=アニメが好きな人
オタク=A●B4●が好きな人
「ふじょし?」
「婦女子?」
って何?

認識しかなく彼らを理解しようと気はさらさらありません

けど、
オタクであろう
腐女子であろうと
相談に来ていただける方は

「お客様」
(私はお客様扱いしませんが…)

入会させようといろいろ煽てます。
「アニメ好きな人たくさんいますよ~」
「最近、そういう会員さん多いですよ~」
「クールジャパンですし~」

そんな言葉に惑わされ
運命の人に巡り合えると思い込み…
うん十万払い入会に至るわけです…
入会して活動しても

アドバイスも
「前向き活動すれば大丈夫よ!」
「あなたに合う人は絶対いるよ!」
「結婚できない人はいない!」
って励まされ

「前向き」という大儀と
「絶対結婚できる」という竹やりを武器に
不毛な戦いに挑むわけです。

理論がなく精神論で
男性と女性と合わせれば結婚するという
動物的な考えを持つ相談所は
必ず
「オタクはオタクどおし気が合うから」
という考えが多い

私は
「オタクはオタクどうしのご縁」と
いう考えはもっていません
「オタ・非オタ関係なく、会ってください」
と訴えています

オタ婚パーティは、ジャンルまで絞り込みをかけますが
一緒にご縁も絞り込んでいるのです
それでは出会いはありません婚活は
「気の合う!オタ友」を探しているのではありません
(そんな奴はオフ会へ行けよ!)

最終的には
「将来、一生墓まで寄り添っていけるパートナー」を見つける事なのです。

オタク・腐女子を
なんであるか理解していない仲人は

オタクは
「気持ち悪い」
「言ってることがわからない」
「こだわりがおおい」
ということで

「扱いにくい」

結婚相談所も嫌がる存在です
だから、
私が日本で初のオタク専門の結婚相談所になったんですが

オタクだから」
だからと言って
トラブルなど一切ありません

私のところに相談しに来るて活動される方は
「話を理解していただけそうだから」
「おなじオタクだから、気持ちがわかる」
「腐女子の悩みとかわかってもらえる」
などそんな方が多いです

私は
「仲人士としての知識」
「婚活の知識」
「オタクとしての自分」

というベースがあります。いい加減で中途半端な相談を
するのではなく
トラブルもなく、
オタクならではの婚活方法を提案し

アドバイザーや
(アドバイスではダメ)
カウンセラー
(癒しではダメ)
と名乗らず

オタク専門婚活戦略コンサルタント
として活動しています

結婚相談所の仲人さんもいろいろな方がいます。

バツイチ婚活が得意な方
パーティ婚活が得意な方
エクゼクティブ婚活が得意な方

仲人にもいろいろもち味があります。

私は相談者にこんな話をします
私とお話しして「会わないな…」と思えば、いつでも去ってください

あなたが
「この仲人なら一緒に婚活できる」
という仲人さんを見つけることです
あなたの目で見極めることです!

Follow me!

記事の執筆者プロフィール

横井 睦智婚活戦略コンサルタント
日本初のオタク・腐女子専門の「おたくにやさしい結婚相談所」を運営、自らもオタク属性である事もあり、お遊びでない真剣に将来を考える婚活を提案し結婚へ導いている、Wコージ・雨上がり決死隊と「オタクの婚活」について対談、好きなアニメは まどマギ、ラブライブなど多数

一度あって婚活についてお話ししてみませんか?

オタクの婚活について、聞いてみたい方?
ちょっと怪しそうなので、直接あって確かめてみたい?
入会したいが…横井・花田に会って入会を決めたい!
東京・大阪・名古屋 にて月1回~2回 
直接会っていろいろ聞くことができます。
皆様とお会いしてお話できることを楽しみにしています。

コメントを残す